ハックの施工日記

N様邸 外壁・屋根塗装工事

2016年08月20日

新築から初めての塗装工事

 

皆様こんにちは^ー^
ペイントハックの吉田です。


今回のハックの施工日記は、北九州市小倉にお住まいのN様邸の塗装工事に関する日記です。


施工前

(外壁)

(屋根)


まずは建物の調査診断を行います。その結果、以下の問題点が見つかりました。

  

【診断結果(問題点)】

①外壁の欠け、ヒビ割れ(クラック)

②塗膜チョーキング(白いチョークのような粉が手につく)現象

③コーキングの断裂・痩せ



(外壁の欠け)

 


【解決策】

 

①外壁の欠けた箇所を、モルタルで埋めた後に、パターンを付けて補修しました。

②高圧洗浄を行いチョーキングを除去。一度で洗浄しきれない箇所は更に高圧洗浄し、しっかり除去。その後、専用シーラー(下塗り材)を塗布して塗料の密着力を高めます。

③窓まわり、外壁ALCのジョイント等全箇所コーキング打ち替え増し打ち。



(樹脂モルタルで素地補強)


(多孔ローラーでパターン付け)


(上塗りで補修完成)

(コーキング打設)

 

 

(高圧洗浄でカビや藻をしっかり洗浄)



【お客様の要望】

・建物の状態を新築時に戻したい。新築時の色にしたい。


外壁は、ものがぶつかったりして欠けた箇所が複数ありましたが、見落し無く、補修にしっかりと時間をかけて復元しました。

 

窓サッシや各所塗り分けのラインを”新築状態以上”に拘って綺麗に塗装しました。


経年劣化により、外壁の色が褪せたり、退色(白色方向に進む)しているので、そのままでは色合わせは出来ません。カラーシュミレーションから新築時の色の特定を行います。外壁のイエローベースの色は、誘目性が高い(目立つ)ため、色の調整を誤ると店舗のようになってしまいがちです。注意して、複数の提案色を作成し、お客様の思い出色を再現します。

 



【ハックの一言】

新築から初めての塗装なので、新築状態に近づけるように工夫して施工しました。

外壁は、ALC吹付けの凹凸があるデザインです。補修の跡が出やすい外壁なので、補修する際には、段差が出ないように丁寧にモルタル埋めや、パターン付けをします。また「いかにも塗装した感」を抑えるべく、刷毛目や塗りつぎの跡がでないように注意して塗装しました。


施工完了



(外壁)

屋根)

 

 

N様
今回の塗装工事により「新築のときの状態に戻ったね」と喜んで頂き嬉しいです^^
ペイントハックにご依頼いただきましてありがとうございました。

 
宇部市の塗装店

株式会社ペイントハック代表取締役 吉田秀勝
恐縮です。


 


外壁塗装 屋根塗装 防水工事