ハックの施工日記

M様邸塗装・コーキング工事

2017年11月25日

外壁クリア塗装・屋根塗装・コーキング工事

 
こんにちは^^


今回の施工日記は、下関市にお住まいのM様邸の塗装工事に関する日記です。


外壁-施工前

外壁サイディングボードがところどころモザイクのように白化しています。

お客様のご希望により、外壁はクリア塗装をすることになりました。


(下塗り)


(上塗り)

外壁-施工完了




クリア塗装により退色した色が鮮やかになり、白化している箇所も目立たなくなりました。


クリアは透明なので、傷や、高圧洗浄でも取れない汚れなどには、外壁と同じ色を作って(調色)着色します。

●クラックをコーキングで塞いで着色



●塗膜が剥がれている箇所


フィーラーを塗布して保護します。


外壁と同色で着色後に、クリア塗装。


●付帯部塗装
色はお好みでお選び頂けますが、今回は外壁と同色にしたので一体感が出ました♪




腐食している金具はケレンして錆止め塗布後に着色、クリア塗装。




屋根塗装
施工前


完了



拡大
施工前

完了


天井塗装
施工前


完了



コーキング工事
既存コーキングは経年劣化が進んでいたため、撤去して打ち直しします。
一般的に状態が良ければ既存コーキングの上から増し打ちをしますが、剥離していたり劣化具合が著しい場合等は撤去して打ち直しをします。


(撤去)

コーキング材も、外壁と同色にして打設します。

(充填)


施工完了

(横樋 軒天)




色の塗り分けをして美観を整えます。
外壁がクリア塗装の場合、軒天や雨樋などの付帯部を塗装する際は、塗料で外壁が汚れないように注意します。
上記写真のように、外壁に接した箇所をはみ出すこと無く綺麗に整える事で、いかにも塗装した感じをおさえます。


塗装屋の腕のみせどころです(^^)



【ハックの一言】
クリア塗装は既存塗膜が光触媒塗装の場合は塗装出来ませんので注意が必要です。
光触媒の上にクリア塗装をすると、光に反応して白濁したり剥離してしまいます。必ず事前に外壁に使われている塗料の確認をしなければなりません。


また、一般的にクリア塗料ではコーキングの上から塗装できません。
クリア塗料がコーキングの収縮に追従しない事が原因と考えられます。
ですが、コーキングにも塗装できるクリア塗料もあります。適切なクリア塗装工事を行うには、施工業者の知識と経験が必要です。


日本ペイントでは新築~10年以内に、外壁がきれいな状態でのクリアー塗装を推奨しています。
高意匠性のサイディングボードをずっと維持されたい方は、お早めのメンテナンスがお勧めですね^^


クリア塗装をお考えの方で、ご質問などございましたらいつでもお気軽にご相談下さいませ。




M様
ご多忙の中、また、初めての塗装工事でご不安も多い中で工事にご理解・ご協力下さり有難うございました。

お陰様でスムーズに工事をすすめる事ができました。


この度の工事のご依頼誠に有難うございました。


宇部市の塗装店

株式会社ペイントハック代表取締役 吉田秀勝
恐縮です。