ハックの施工日記

H様外壁塗装工事

2017年08月10日

外壁塗装 ツートンカラー

 
ペイントハックの吉田です。
皆様こんにちは^^


今回は、下関にお住まいのH様邸外壁塗装工事の施工日記です。


施工前



お客様のご要望により、外壁をツートンカラーにしました。
奥様がパン教室をされているので、店舗として少し目立つ色で、住居としては騒色にならないように、明るく優しい風合いのイエローをお選び頂きました。
2F部分は清潔感のあるオフホワイトです。


軒天は明るくなるように、外壁より明るいホワイトです。


階を隔てる幕板の色の明るさでお悩みでしたので、それぞれ塗ってお客様に見て頂くことに。


(ダークグレー)



(ブラウン)

ダークグレーは品があり建物全体を引き締めます。
ブラウンは明るく優しい雰囲気ですね(^^)
色見本では、サンプルが小さいために面積効果で色を把握しにくいところがあります。実際に塗ってみるのが一番です♪

施工前

完了


雨樋塗装
施工前

完了


庇(ひさし)塗装
施工前

完了


配管塗装
施工前

完了



【ハックの一言】
現在の建物では、窯業系サイディングボードが主流となり、70%のシェアを占めていると言われています。
特徴は、耐震性に優れ、『通気構法』により室内の湿気を外気に放出することで、耐久性と快適性を向上させています。


反面、水分を吸収しやすく、水気を吸うと伸び、乾くと縮む性質を持っており、伸縮に耐えられなくなった外壁が、ひび割れ(クラック)を起こしてしまうことがあります。
窯業系サイディングボードは表面の防水メンテナンスを施す事により、吸水率を一定以下に保ち、ボードの変形や割れの原因となる雨水の吸い込みを予防する必要があります。


メンテナンスの目安としては、広く言われるように、チョーキング現象が起きてるかです。
チョーキング現象とは、塗料の顔料が経年劣化により表面に浮き出て粉化している状態で、防水機能が低下している目安です。


また、コーキングの劣化にも注意が必要です。
緩衝材であるコーキングが劣化すると、そこから水が進入してボード以外にも内部の構造物を痛めたり雨漏りの原因となります。



窯業系サイディングボードのメンテナンス時期はメーカーなどにより表示されていますが、経年劣化の程度は建物の立地や環境によって異なりますので、定期的にご自身でチェックして、建物の状態を把握される事が大切です。

気になる症状や、屋根の上など目の届かない場所がございましたら、お気軽にペイントハックの「無料建物診断」をご利用下さい^^

施工完了









H様
暑い中毎日お気遣い頂きありがとうございました。

パン教室で焼かれたパンの美味しそうな匂いが忘れられません。

ペイントハックにご依頼頂きまして誠にありがとうございます。


宇部市の塗装店
株式会社ペイントハック代表取締役 吉田秀勝
恐縮です。