ハックの施工日記

K様邸 外壁・屋根・防水塗装工事

2018年03月10日

屋根・カラーベスト(コロニアル)について

 
ペイントハックの吉田です。


今回の施工日記は、下関にお住まいのK様邸の塗装工事に関する記事です。


屋根の塗装

①下地調整
高圧洗浄後、板金の隙間や屋根のひび割れをコーキングで埋めます。


②塗装
一度の下塗りでは吸い込みが止まらなかったので、下塗り回数を増やして抑えます。
その後、上塗り塗装して完成です。


施工前

⇩完了


外壁塗装
色を塗り分けます。




施工前

⇩完了


防水塗装
施工前


完了


雨樋・破風の塗装
施工前


完了


ハックの一言
屋根はカラーベスト(コロニアル)と言われるものです。素材はスレートなので、吸水性が高いものになります。
高圧洗浄後は、旧塗膜や苔や藻が落ちて、一見するとカラカラに乾燥しているようです。下塗り材を塗布して吸い込みが激しい場合は、塗装回数を増やして抑えます。


日本ペイントの下塗り材のカタログには「ぬれ感が出るまでを目安に塗装してください」とあります。
屋根は真夏には70度にも達し、紫外線照射率も外壁の2倍以上で、劣化しやすい環境です。
雨漏りにも繋がりやすい箇所なので、長く持つように、状態に応じた適切な塗装仕様で工事を行う事が重要です。


施工完了

軒天


幕板


シャッターボックス




K様
私達が工事をしやすいように様々にご協力して下さり有難うございました。

いつか皆さんで、ウッドデッキを囲んでバーベキューを楽しまれてくださいね^^ 

ペイントハックにご依頼頂きましてありがとうございます。


宇部市の塗装店
株式会社ペイントハック代表取締役 吉田秀勝
恐縮です。