ハックの施工日記

M様邸 外壁屋根塗装工事

2019年03月18日

無機塗料・上級工法での工事

 
皆さまこんにちは♪
ペイントハックの吉田です。

最近雨が多いですが、降るたびに暖かくなってる気がします。春分の日も間近ですし、季節の変わり目を感じますね^_^

さて、この度の施工日記は、山陽小野田市にお住まいのM様邸の外壁屋根塗装工事に関する記事です。



施工前



「長く美観維持を」というお客様のご要望で、無機と4フッ化フッ素の高耐久塗料を「上級仕上げ工法」での施工となりました。



色のご要望は「大きくイメージを変えたくない・塗った感じを強調したくない」との事から、既存色をモチーフにして外壁や付帯部の艶を五分に調整しました。
屋根だけはより耐久性重視の為艶ありです。


上級塗料と上級工法での工事、どのような仕上がりになるでしょうか?
さっそく見てみましょう♪



施工前






屋根はかなりの急勾配です


これくらいの勾配になると「屋根足場」が必要です。
屋根足場は一般的な屋根の塗装には必要ないものなので、その分コストが余計にかかってしまいます。


「高耐久塗料」で塗装する事で、メンテナンスの期間が長くなるので、コスト軽減に繋がります^_^


屋根の素材はコロニアル・カラーベストと言われるスレート屋根です。継ぎ目に苔が付着していますので高圧洗浄で落とします。







次にプライマー(下塗り材)を塗布します。

一般的に、コロニアルは経年劣化すると表面層が薄くなり、塗料の吸い込みが著しい素材です。

その状態のまま塗装しても塗料の性能を発揮出来ません。


下塗り材を艶感が出るまで塗布して下地強化を行います。


下塗り塗布後


厚塗りした結果、、
ビカビカです♪

しっかり乾燥させて、中塗り・上塗りを行います。


屋根に太陽光装置が設置されているため、汚さないように慎重に作業します。



パネルを壊さないように・塗料が飛散しないように慎重に(汗)
厳しい環境下での塗装もペイントハックの得意分野です♪


中塗り完了

より耐久性を向上する為、無機塗料はシンナーで薄めずに「無希釈で厚く」塗布します。

希釈率や塗布量を調整して塗っている為、中塗りの時点でも十分仕上がりとも言える出来栄えです。

上塗り完了




ギラギラです♪

屋根塗装完了♪


美しい仕上がりとなりました(^o^)


つづいて外壁です

施工前




風や日当たりの強い面のサイディングボードが著しく白亜化(チョーキング現象)しています。
下地強化の為、塗り回数を増やします。


①シーラー塗布




②中塗り




③上塗り




日当たりが強い面に上塗り2回目塗布

④上塗り2回目


塗装完了

施工前

↓完成


施工前

↓完成


次に板壁の塗装です

施工前


オイルステンを2度塗りします。


塗装完了♪




施工前

↓完成


その他の箇所 塗装完了





日当たりが強い面で傷んでいる板壁ですが、塗装後は色付いた分ヴィンテージ感が鮮明になりかっこいいです♪




配管が前回の塗装で汚れていたので、ちょうど破風色が木の色合いだったので塗装して整えました


木製ドアは色を変えて塗装。


その他付帯部の工事

破風板の塗装


お客様のご希望により、既存色の近似色を特定して再現します。

塗装中

↓2回塗って塗装完了です


5分艶で塗装すると、落ち着いた雰囲気になります。


雨樋の塗装


雨樋の色は強調したくないとのご要望でしたので、明度調整。

塗装中

↓2回塗って塗装完了です


雨樋の表面はツルツルで吸い込みが無いため、刷毛目や塗りムラが出やすいです。
職人の腕の見せ所です


鉄部の塗装


錆止め塗布


上塗り2回して完成


元色の白で塗装しようと考えましたが、錆がひどかった為目立たない色で塗装しました。


その他 完了写真

軒天


水切り


ガス缶



【ハックの一言】
高耐久塗料を上級仕上げ工法で塗装すると、塗り回数や塗布量の増加に伴い、耐久性により期待がもてますね(*^^*)


上級仕上げ工法は、美観面も一味違いがあります。テーマは「取り替えたような綺麗さ」です。


ただどうしても手作業で行うので、工場で機械で造ったように。。。とは中々いきませんが、お客様の大切なお住いの資産価値を守るために、私達は多様な塗り方・工法で、耐久性と美観を追求しています。


例えば、塗った感じを抑える為に「窓周り」や「色の塗り分け部分」のラインを一般工法よりも手間をかけて整えます。

















新築の場合は塗り分けのラインにコーキングが充填されています。コーキング剤は塗料のような液体では無いことと、新築時は素材に歪みが無いため綺麗にラインがでます。


塗装でラインを出すのは少し難しいです。ただ養生テープを貼って塗るだけでは綺麗にラインは出ません。


塗料は液体なので少しの段差でも漏れ込みますし、塗料が密着しにくい材質だと養生テープを取る際に塗膜もちぎれてしまうからです。

「養生の仕方や塗り方に」技術が必要です。



上級仕上げ工法では、材料費や手間がかかる為、一般の施工法に比べると、どうしても費用がかかってしまいますが、より高品質な塗装工事をお求めの方には最適な施工法では無いでしょうか。


仕上がりを見られたい方は現場見学出来ますのでお気軽にお申し付け下さいませ(*^^*)


M様
私どもの工事に対して信頼をして頂き、スムーズに工事を進めることができました。
この度はペイントハックにご依頼いただきまして誠に有難うございました。



宇部市の塗装業者 総合塗装業
株式会社 ペイントハック 代表取締役 吉田秀勝
恐縮です。