ハックの施工日記

N様邸 外壁塗装工事

2019年07月18日

はじめての塗り替え・無機塗料

 
どうも皆さんこんにちは(^^♪ペイントハックの吉田です。

今年の梅雨は去年と同じように、まとまった雨が降りませんでしたが、宇部は今日大雨です。
大雨警報も流れていますので、宇部市にお住まいの方はご注意下さいませ。

さて、今回の日記では、宇部市にお住まいのN様邸の外壁工事の模様をお伝え致します。


新築から初めての塗り替え工事となります。
外壁の塗料は超耐久性能が期待できる無機塗料です。最近多用な特徴を持つ無機塗料が続々と発売されるようになりました。


無機塗料での塗替えをご希望の方も増えてきたので、機会をみて、当ブログにて無機塗料の最新情報をアップしようと思います。


施工前


工事前の状態は、外壁にチョーキング現象と苔が付着していました。
防水機能低下とともに、苔は付着しやすくなります。


外壁の塗装

下地調整
ボードの剥離した箇所やコーキングの断裂を補修します。


塗装

①高圧洗浄後
苔とチョーキングを可能な限り除去しました

②下塗り
除去できないチョーキングをシーラーで抑えます

③中塗り
高耐久性能の無機塗料を塗布します

④上塗り
中塗り乾燥後に更に塗り重ねます

塗装完了

色艶むらの無い綺麗な仕上がりとなりました♪

「色替え」
ベランダの外壁部分をアクセントで色替えします。
お選びいただいたのはノースブラウン色で、暖かみのあるブラウンです。

↓塗装完了



濃色になると艶がはっきりしますね。美しい艶もこの塗料の魅力です♪

色と色の塗り分けのラインを整えることで、いかにも塗った感じを抑えます!



付帯部の塗装
次に付帯部の塗装です。
雨樋やひさし・破風板等の外壁に付帯するものを総じて付帯部と言います。


「ひさしの塗装」
施工前

↓完了


「シャッターボックス」
施工前

↓完了


軒天の枠 抑え板
施工前

↓完了


「水切り」
難付着な素材なので専用下塗り材を塗布してから塗装します

↓完了


「通気口」

↓完了


その他 塗装完了写真
「軒天」

軒天も高耐久無機塗料で塗装♪

「雨樋」


「屋根の通気口」


「門扉」


「木製ベンチ」



【ハックの一言】
新築から初めての塗装工事の際は、建物が塗装で覆い隠されてない事で、素材の傷み具合が解りやすく、劣化の進行が早い場所なども特定出来ます。

痛んだ部分や、立地によって痛みやすい箇所はしっかりと補修して、最適な塗料を用いる事で長く保護出来ます。


また、新築時に近づける為に美観を整える事も大切です。
ペイントハックの「上級施工法」では、色艶の塗りムラやライン等、徹底的にこだわります。








ベランダの手摺の付け根も塗装してます。写真でみると塗装していることに気づかないくらい綺麗です(#^.^#)


一つ上の美観を追及される方は、是非ペイントハックの上級施工法をご活用いただけたらと思います。




N様
工事中いつも優しくお気遣い頂きありがとうございました。

花粉症で体調不良の時に頂いたヤクルトのお陰で復調致しました(^^)


また、アンケートにもご協力頂きまして大感謝です。

初めての塗装でご不安な中で、弊社を信用して頂き、また「他社と比較して業務内容の表現が理解しやすかった」と言って頂き、とても励みになりました。


新築時の色合いに近い色をお選び頂きましたが、建物の質感に合う調和のとれた良い配色となりましたね^^


この度はペイントハックにご依頼いただきまして誠にありがとうございました。



山口の塗装会社
株式会社ペイントハック代表取締役 吉田秀勝
恐縮です。