ハックの施工日記

T様邸 外壁・屋根塗装工事

2019年07月10日

砂壁リシンの塗装

 
こんにちは♪吉田です(^^)

今回の施工日記は宇部市にお住まいのT様邸の塗装工事の模様をお伝えします。

経年劣化で少し痛みのある建物の塗装となります。

施工前






遠目から見ると気づきませんが、近づくと外壁の痛み具合がわかります。
外壁はリシンという砂壁です。新築時に硅砂の入った塗料を吹き付けています。
経年劣化により、触ると石がポロポロ落ちてくる状態でした。

傷んでいるので剥落しないように洗浄します。

洗浄後の写真


次に下地調整をします。

コーキング部分が劣化しているので打ち替えます。


劣化したコーキングを撤去


コーキング剤を充填


ヘラでしごいて打ち換え完了です


「外壁の塗装」
リシン壁は塗料の吸い込みが一般的な外壁に比べて多いです。
それに加えて塗装時期を超過しているため、著しく吸い込みます。

下塗りの塗布量も増やして目止めをしていきます。

シーラー塗布


中塗り


上塗り


塗装完了


「屋根の塗装」

施工前






苔や汚れが目立ちます。
汚れを落としてから塗装です。

高圧洗浄

↓洗浄後




次に棟などの板金部分に錆止めを塗布します

↓錆止め完了


塗装中


塗装完了






綺麗な仕上がりです♪

「付帯部の塗装」

破風板
施工前

↓剥離箇所をケレン

↓塗装完了




屋根裏通気口
施工前

↓塗装完了


色の塗り分け

下屋根とひさしの屋根が重なる狭い箇所もきっちり塗装♪


外壁と下屋根の塗り分け部分


【ハックの一言】
塗装時期を超過すると、旧塗料の剥離や苔やカビの付着、下地素材の剥落などといった劣化症状が表れます。

塗布量も一般の量で納まる事が少なく、手間がかかるためどうしてもコストが上がってしまいます。

また、下地素材が傷ついた場合、補修することで美観は整いますが、例えばサイディングボードの場合、表面膜が失われた箇所は脆く、剥離したり傷が入りやすいです。

お住まいの立地環境や建物の仕様に合わせたメンテナンスサイクルを行うことで、長く綺麗な状態を維持出来ます。

そういえばここが気になる・・などございましたら、ペイントハックの建物無料診断をご活用いただけたらと思います(*^^*)



T様
T様の塗装工事へのご理解、ご協力のおかげで円滑に工事を終えることが出来きました。

「適切で親切なアドバイスがありがたい、やっぱり地元の業者さんです」

「社内のコミュニケーションに好感が持てる」

と言って頂き有難うございます(*^^*)
職人一同励みになります!

この度の、塗装工事のご依頼、誠に、有難うございました。


宇部市の塗装会社

株式会社ペイントハック代表取締役 吉田秀勝
恐縮です。