ハックの施工日記

N様邸 外壁塗装工事

2019年08月28日

板壁・モルタル砂壁の塗装 

 
ペイントハックの吉田です(^^)


秋雨戦線で大雨が降っていますね。

秋雨戦線により、梅雨時並に雨が降ることがありますが、この度は正にそんな感じです。

移動時など事故に合われないようにお気をつけくださいませ。



今回の施工日記は、宇部市にお住まいのN様邸外壁塗装工事の模様をお伝えします。

施工前


板壁




近づいてみると木が痩せたり表面が褪せて部分的に剥がれているのがわかります。

木は放湿性があり収縮する為「シリコン」などの一般的な塗料では追従しにくく塗膜剥離します。
そのため、木の専用塗料を用います。
木部塗料には、おおまかに分類すると、2つのタイプがありますが、痛み具合や、風合い・美観などにより選びます。
N様邸では造膜タイプで塗装することになりました。


木部専用塗料 詳しくはこちらの記事へ


下地調整
①ケレン・清掃

塗装する前に下地を整えます。
木に付着している苔やササクレなどをケレンして除去。

②下塗り材塗布

上記写真は指掛けとの取り合い部分です。隙間を埋めるコーキングは難付着性の「シリコン」です。
その上から塗装しても塗料をはじくので、専用の下塗り材を用います。

塗 装
一回目塗布




二回目塗布


1回目と2回目で質感が変わります。

施工前


完成


剥がれや色褪せがある箇所も、造膜タイプなら綺麗に隠蔽出来るんです♪


モルタル壁の塗装
施工前

漆喰調の砂壁です。経年劣化により風化して、触れるとポロポロ石が落ちる状態です。

下地調整
コーキング


上記写真は窓との取り合い部分で、空洞になっています。
軒があるため通常の雨なら問題はありませんが、強風時など内部に雨が侵入する為コーキングで塞ぎました。





塗 装
下地は非常に乾燥した状態です。
吸い込みが激しい為、通常より塗り回数を増やします。

塗装完了

ムラなく綺麗に仕上がりました^_^

その他の塗装
下地調整
ケレン




下塗り




巾木の塗装

この度の塗装工事では軒天(天井部分)は塗装しない為、塗料が付かないように丁寧に塗り分けます。

施工前



↓完成




雨戸・戸袋の塗装
施工前

↓完成


ひさし屋根の塗装
施工前

↓完成


水切りの塗装
施工前

↓完成


その他塗装完了写真

換気扇フード


配管の塗装

木部塗料は木以外の箇所に塗装しても密着が悪いので、一般塗料で塗装しています。

色の塗り分け



こだわりのライン♪(^^)

【ハックの一言】
杉板張りの建物は耐久性が高く、古い蔵などで、無塗装でも40年耐久している例もあります。
杉板は水を吸い込みますが、放湿性が高いために、少しくらい水に濡れても問題ありません。

とはいえ経年劣化により、木の痩せ・割れ・色褪せや黒ずみなどの症状が表れます。
痛む前にメンテナンスを行う事で、美観を保ち、寿命を伸ばせます(*^^*)



N様
暑い中、毎日お気遣い頂き有難うございました。

「27年間放置していた家が息を吹き返しました」
と仰って頂き大変うれしく思います。

ご主人様と奥様がお住まいを大事に想い、痛んだ箇所を随時ご自身でメンテナンスされていたからこそ、経年の割に痛みも少なく、美観を整える事が出来ました。


この度はペイントハックに工事のご依頼を頂きまして、誠に有難うございました^_^



宇部市の塗装会社 総合塗装店
株式会社 ペイントハック 代表取締役 吉田秀勝
恐縮です。。