ハックの施工日記

K様邸 外壁塗装・コーキング工事

2020年11月27日

高耐久コーキングでの施工

 
ペイントハック代表の吉田です(^o^)


気づけばあっという間に11月も終わりですね。
有り難い事にペイントハックでは、コロナウイルスの影響をほとんど受けずに本年も忙しく仕事をさせて頂いております。


お客様の、ご期待とご支持頂けている事に厚く御礼を申し上げます。有難うございます。



今回の施工日記は、宇部市にお住まいのK様邸の塗装とコーキング工事です。

施工前

↓拡大



遠目から見るとわかりませんが、近づくと経年劣化している箇所が解ります。



コーキングの剥離

ちぎれたりしている訳ではないので、一見すると解りにくい症状ですが、外壁材との間に隙間が出来ているので建物内部に漏水してしまいます。

このままコーキング剤を充填しても、長く持たないので、切り取って打ち替えました。

切り取り

↓窓まわりの剥離箇所もカットします

↓コーキング剤充填

↓高耐久コーキング オートンイクシードで打設完了




金属製屋根は劣化が少ないため塗装はしませんでしたが、ビスや継ぎ目等漏水に繋がる箇所にシリコンを打設しました。


続いて下地調整です。
サイディングボードが欠けている箇所があったので、パテで埋めます。

↓パテ処理

開いたビス穴などもパテ


発錆の箇所には錆止めを塗布



発錆箇所は上塗りするとその時は綺麗になりますが、すぐに錆がでてきてしまいますので下塗りが必要です。

次に下塗りです。色あせが少し目立つため、念入りにシーラーをたっぷり塗布します。

↓下塗り完成



↓そして中・上塗りと塗り重ねて完成です。

色は新築時の類似色です。ツヤ感を押さえたいとの事でしたので、3分艶をご提案しました。


続いてコロニアル屋根塗装。
施工前

↓拡大

下から見るとわかりませんが、苔が付着しています。高圧洗浄で除去してから塗装します。

下塗り

中塗り

上塗り

完成

色はダークグレー。表面が傷んで無かったので、より綺麗な仕上がりになりました。
塗料は日本ペイント社製のもので、今流行りのラジカル制御型塗料です。艶が綺麗です。
シリコンとそこまで価格差が無く耐久性が高いためでおすすめの塗料となります(^o^)


その他付帯部の塗装
天井 施工前


外壁は新築時の色を再現しましたが、お客様のご希望により、天井や破風板等の色は逆転のイメージで濃い外壁色に合わせました。


完成








素敵な配色です(^^)

ベントキャップ(換気口)
施工前

↓完成




外壁と同色ですので、一見わかりませんが実は違う塗料を使用しています。金属なのでより密着性が高い2液型の溶剤塗料で塗装しました。
なるべく塗った感を抑えるため刷毛目など出さないように塗装します。

その他の付帯部の塗装

雨樋や配管




エアコンホースカバー


こだわりのライン仕上げ・色分け!








施工前

↓完成



【ハックの一言】
最近では高耐久コーキングがよく用いられるようになりました。オート科学工業㈱のオートンイクシードという製品の耐久性は暴露試験上では30年です。

高耐久コーキングは、高耐久塗料での塗装時や、漏水のリスクが高い構造の建物などに最適です。

また、次の塗装時にも状態がより保たれていれば、メンテナンスコスト削減にも繋がります。



K様
素敵なデザイン性の高いご自宅の塗装工事をご依頼頂きまして大変光栄です。

ご主人や奥様がお忙しい中で、私達が工事をやりやすいようにご配慮頂きまして、おかげ様で順調に工事を終えることが出来ました。

ですがコーキングの乾燥時間などを少し長めにとった事などもあり、工事が予定より長引きましてご負担をおかけして申し訳ございませんでした。


金属屋根が陸屋根形式で、雨が貯まりやすい構造なので、一年点検の際にしっかり確認しておきます。


この度の工事のご依頼誠に有難うございました。


山口県 宇部市の塗装会社

株式会社ペイントハック代表取締役 吉田秀勝
恐縮です。