ハックの施工日記

S様邸 外壁塗装工事

2021年06月10日

百年住宅「ウベハウス」雨漏り防止の為の塗り替え工事

 
皆さんこんにちは!
見習い職人、左右田と申します!今回は私が施工日記をお伝えしていきます!

山陽小野田市に在住のS様ご自宅の塗装工事です!

施工前
 

調査診断して目立った劣化箇所は以下の通りです。
 
・塗膜剥離

・基礎部分割れ


・コーキング劣化


・窓まわりコーキング腐食


お住まいは百年住宅(ウベハウス)の建物です。
コーキング材がひび割れて劣化しています。
窓廻りのコーキングの劣化が、雨漏りの原因になりますので
しっかりと打ち替えを行います。

コーキング材撤去

窓廻り

塗膜剥離補修
コーキング材が劣化して、下地のモルタルと塗膜が剥離しています。
下地が劣化すると強度の高い下地や塗膜でも追従できずに破れてしまいます。。


コーキング打設



基礎部分補修
ケレンして錆止め塗布


補修・打設した後、
下地や塗膜剥離していた箇所は段差がでてしまいます。
下地補強と美観を整える為に、樹脂モルタルで厚みをつけてなだからにしました。

↓モルタル乾燥後に既存塗膜パターンに整えるため、多孔ローラーを使って模様をつけます。

↓補修した部分がどの辺りかがわからなくなりました!


軒天の塗装
北面の軒天は塗膜剥離していました。湿気のこもりやすい場所です。
ケレンしてから、多孔ローラーで分厚く補修しました。


外壁塗装
窓や塗らない部分を養生してから、下地調整をしっかりと行ってから、
下塗り・上塗りと順番に刷毛やローラーで
塗料をたっぷりと染み込まっせながら塗装していきます。

外壁の塗料はKFケミカルの高耐久水性無機です。
非常に耐久性が高く、2コートプロセスなのでコストも優れた塗料です!

下塗り





上塗り



↓際の角まで、しっかりと塗装していきます。

玄関の際のライン 真っ直ぐに!!


パラペット・庇部分も同じように下地調整をしっかりと行ってから
下塗り・上塗り 塗料をたっぷりと染み込ませた刷毛やローラーで狭い箇所も
ラインが出るように塗装していきます。


狭い部分も!

ラインを出して


・雨樋・通気口フード塗装
錆止め・下塗り・上塗りと!

狭い箇所・細かい部分も

綺麗にムラ無く塗装します!輝いて見えます!

・通気口フードも同じく、錆止め・下塗り・上塗りと!

ムラ無く綺麗に




雨戸の塗装

外壁の塗装と合う配色に仕上げました!


外壁だけではなく、雨戸などの付帯部も全て高耐久無機塗料で仕上げました♪

無機塗料は、お客様の大事なお家を長く・綺麗に保つ為に自信を持ってオススメ出来る塗料なんです!!

・ベランダ塗装


防水部分が浮いている部分をしっかりと補修

↓下塗り・中塗り・上塗り防水専用塗料で塗装していきます。

手摺部分と角の部分も補修して塗装
真四角ラインがきっちりと出ています!

塗装しない箇所であるアルミのベランダ笠木です。
細かいところが劣化していたので、色を作って補修塗りしました。


・塀の塗装
下地調整をしっかりと行ってから下塗り・中塗り・上塗りと順番に刷毛やローラーでたっぷりと塗料を染み込ませながら塗装していきます。
素材感を保つことと、凸凹をなだらかに見せる為、つや消し塗料で仕上げました。

↓狭い部分もしっかりと!!


塗装後、目立つ凹み部分を補修していきます

↓補修後、目立たなくなりました!


施工前

↓塗装工事完了!


直ぐ側に海が見えるお家、海の色と合うお家に仕上がりました(*^^*)。

以上、見習い左右田施工日記をお伝えしました!

【ハックの一言】
塗装工事では、外壁屋根には高耐久塗料を用いて、雨樋や雨戸などの付帯部にはシリコン塗料などの一般的な塗料を使う事がスタンダードです。
理由は、雨樋などの素材は劣化しても腐食がおこりにくいことと、コスト面からです。高耐久塗料ではどうしても工事金額が高くなってしまいます。交換する金額に近くなってしまうと塗装するメリットが少なくなります。
反面、高耐久塗料には遮熱などの機能性があるものもありますし、耐久性が非常に高い為、交換したものよりも長く美観を維持出来るメリットもあります。



S様
工事がやりやすいようにご配慮頂きまして有難うございます。おかげ様で順調に工事が進みいい仕上がりになりました(*^^*)

とても素敵なお住いを塗装工事させて頂きまして大変光栄に思います。


この度の工事のご依頼誠に有難うございました。


山口県宇部市の塗装会社

株式会社ペイントハック代表取締役 吉田秀勝
恐縮です。